京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 京都御苑の間ノ町口を入ってすぐのところに、紫陽花が咲いています。
20070630202015.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 閑院宮邸跡の門を入ると、くちなしの花が咲いていました。 写真では解り難いのですが、普通より大輪です。 日当たりのせいでしょうか?
20070630202039.jpg
撮影場所 航空写真 座標B-17

 蜂? トンボ? 蜂にしては尻尾が長い、トンボにしては尻尾が短い。
 この虫、アオメアブと言うそうです。 (ハエ目 短角亜目 ムシヒキアブ科 アオメアブ亜科 アオメアブ) 甲虫やハエ、アブなど、他の昆虫を捕まえて体液を吸うそうです。
20070630202102.jpg
撮影場所 航空写真 座標B-18

 拾翠亭の入り口の小さな川(溝)で見つけました。 こんなところにザリガニがいるなんて知りませんでした。 新しい発見です。
20070630202121.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 拾翠亭の庭で見つけました。 何かの卵です。 おそらく昨夜孵化したものでしょう。 本日6月30日が満月ですので、1日早く生まれてきた慌て者のカメ? 拾翠亭の庭は九条池に面していますので、多分そうだと思います。
20070630202150.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 モントブレチア 檜扇水仙(ひおうぎずいせん)が咲き始めました。 宗像神社の境内です。 まもなく見ごろを迎える事でしょう。
20070630202234.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-17
スポンサーサイト

 京都御苑の敷地の南西に、宗像神社があります。

 京都御苑内 鎮座
宗像大神は、古事記、日本書紀にも記す通り、遠く日本建国にあたり、天孫降臨に先立って、御親天照大御神より「汝三神の神は、宜しく道中に降りまして、天孫を助け奉りて、天孫の為に祭かれよ」と御神勅をいただいて、九州の福岡の宗像の地に鎮まり給うたのであります。
 京都御所宗像神社は、延暦14年(平安京創立の翌年)、後の太政大臣藤原冬嗣公が桓武天皇の命によって、皇居鎮護の神として祀られたのが始めです。

 歴史上の記録
 帝王編年記、三代実録の古文書の中に当社を小一条殿と称され、清和源氏の祖、清和天皇御降誕の地と記されています。
 枕草子、花山院家記には、花山天皇の御代、内裏を一時当社に移され、花山院殿と称されたことがあると記されています。
 このように、皇室との関係も深く、千二百年皇居守護の神として、御歴代の御尊崇厚く宮中より官幣、神饌の御共進もあり、公卿公達の参拝も多く賜った神社です。

 樹木
  境内北の楠は、樹齢六百年、南の楠は樹齢四百年とも推定され、京都の中では最も高齢の大樹ともされる老樹です。
 拝殿南の老桜は、紫宸殿南庭左近の桜を拝領したものであり、その他栴壇(せんだん)、美肉桂(ニッキの木)、花梨(かりん)など付近にみられぬ珍しい樹木が多数あります。
 また、アオバズクが楠の木に営巣していることでも有名で、バード・ウオッチャーの目を楽しませています。

                                  京都御苑内鎮座 宗像神社より
IMGP0411.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-17

IMGP0410.jpg


 宗像神社の鳥居をくぐると、京都観光神社があります。 なにそれ?
 この神社の建立は新しく昭和44年。 急増する京都への観光客の無事息災を願い、また観光業界の発展を祈念し、道案内の神 猿田彦大神を祀っている。(石碑より)
 でも、何故ここにあるのでしょう?
IMGP0413.jpg


 本殿です。 行事の日以外は、あまり人がいないので、ゆっくりお参りできます。
IMGP0396.jpg


IMGP0402.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!

京都御所 京都御苑 京都観光散策記 トップページへ



 なにもそこまで開かなくても! 
20070623185825.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 まんまるキノコ!
20070623185811.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 これは多分、マイタケかヒラタケの仲間???
20070623185757.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 菌対菌の戦いは、カビの勝ちのようです。
20070623185743.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2



 食紅入りのお団子のようなキノコです。 これって毒キノコ? 食べない方が良いでしょう。
20070623185912.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 なんとグロテスクなキノコ。 大きかったので、しっかり見つけることができました。 土台の茶色い部分もキノコで、木の切り株ではありません。
20070623185929.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-5

 お吸い物に入っていそうなキノコです。 でも、トライはしません。
20070623185853.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 形はマツタケ、色は???
20070623185840.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2



 梅雨の中休みとなった本日、京都御苑へキノコを探しに行きました。 でも、最近キノコばかりなので、その1は普通の植物を紹介します。 その2、その3は、キノコづくしになります。 今回変なキノコがいくつかありましたので、キノコ好きな方は乞うご期待! 嫌いな人はごめんなさい。
 写真は、今何処にでも咲いているヒメジョオンです。 蜂がいたので撮ってしまいました。
20070623185633.jpg
撮影場所 航空写真 座標B-1

 誰でも知っている紫陽花(アジサイ)です。 中立売休憩所の前に咲いていました。 地味な紫陽花です。 京都御苑では何故か鮮やかな紫陽花は見かけません。 探し方が足りない???
20070623185653.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-6

 写真中央に針のような葉の植物がわかりますか? 松の赤ちゃんです。 昨年の秋に、松ぼっくりの隙間から飛び出た種が発芽したものです。
20070623185707.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 さて、何でしょう? 調べたのですが判りません。 花の形は図案でよく見る梅か桜の様ですが、花の直径は約5mmと大変小さく、注意していないと見落として踏んでしまいそうな花です。 ご存知の方がおられましたら教えて下さい。
20070623185718.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 京都御苑の北側、京都御所の朔平門を北に歩くと、今出川通りに面して今出川御門があります。 写真の左に写っている塀は、以前紹介した桂宮邸跡です。 門を出て右手(東)の方向に歩いて、河原町通りを越え、鴨川を渡ると出町柳駅(京阪電車・叡山電鉄)があります。
IMGP0670.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-1

 今出川御門を出ると、道を隔てて同志社大学の敷地が広がっています。 レンガ造りの建物があちらこちらに沢山あり、チョット見応えがあります。
IMGP0671.jpg


IMGP0677.jpg


 レンガ造りの建物の間の道を北へ歩くと、相国寺の門にたどり着きます。 今出川御門と相国寺の門が、丁度向かい合った形になっています。
 犬を連れていたので、相国寺へは入りませんでしたが、いづれ、紹介しようと思っています。
IMGP0681.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
京都御所 京都御苑 京都観光散策記 トップページへ



 母と子の森の東側の昼間でも暗い森の中で見つけました。 あまり食べたくないようなキノコです。
20070616183759.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-5

 母と子の森には、大きな木を切り倒してそのままにしてあります。 その倒木に生えた、サルノコシカケです。 この写真以外にも、たくさんあります。
20070616183834.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-5

 これ、おそらく、キクラゲだと思います。 コリコリした食感がなんともいえません。 でも、間違っていたら怖いのでそのままそっとしておきました。
20070616183857.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-5

 母と子の森の主です。 いつもこの辺りでお会いします。 大人しく人なれしていて、触っても逃げませんが、もうお年なのか最近チョット痩せたような気がします。
20070616183913.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-5



 今日の京都地方は、朝からすごく良い天気となり、まばゆいばかりの太陽光線が降りそそぎました。 梅雨は何処へ行ったのでしょう? 日なたと日陰のコントラストが非常にきつく、順光なのにストロボを使用したり等、非常に写真の撮りにくい状況でした。 
 しかし、やっぱりありました。 いつも良く見るキノコ、テングタケの仲間だと思います。 
20070616183647.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 以前にも紹介しました、「う○こ」のようなキノコなのですが、白いものがついています。 「カビ」です。 自然界の食うか食われるかを見せてもらいました。 菌対菌の戦いです。
20070616183706.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 「うわー! 美味しそう!」これ、絶対食べられると思いませんか! おそらくシメジの仲間だと思います。 多分・・・・・???
20070616183743.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 パンが落ちていました??? キノコ??? これもキノコのようです。
20070616183815.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 京都御苑の正門だと思います。 堺町御門です。 寺社で言うところの南大門の位置にあり、御苑で一番立派な御門です。 葵祭時代祭の行列は、京都御所建礼門前を出発し、御苑内を南下、この堺町御門から市中へ出て行きます。

撮影場所 航空写真 座標E-18

IMGP0354.jpg


 よく見ると、門の両端に門番小屋のようなものがあります。 入れないので中はわかりません。
IMGP0355.jpg


 門の内側から見ると、こんな感じです。
IMGP0356.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
京都御所 京都御苑 京都観光散策記 トップページへ



 今日の京都は朝から雨、結構強い雨が降りました。 午後から雨のやみ間があったので京都御苑へ出かけました。 あれ! 木蓮? 木蓮の仲間? 通常の木蓮なら春先に咲く花なのに? 勉強不足でごめんなさい。 この時期に咲くこの花はいったい何でしょう? ただ今年の京都は気温が低く過ごし易い日々が続いていて、いまだにツツジやサツキが咲いています。 え!このサツキの満開は2回目じゃないの? と言うような木もあります。
20070609220930.jpg


 母子草(ははこぐさ)の花です。 クロシジミがとまっていたので近づいたのですが、蜜を吸うのが忙しそうでしたので、こっそり撮らせてもらいました。
20070609220954.jpg


 水蝋の木 (いぼたのき)です。 地味な木の花ですが花の数は無数!
20070609221019.jpg


 今朝の雨でいきなり出てきたキノコだと思うのですが、前回紹介したキノコと同じ? 違う? どっち? シメジかテングタケの仲間だと思うのですが? ご存知の方がおられましたら、教えてください。 
20070609221035.jpg



 チョット曇ってたのですが、やっぱり京都御苑へ出かけました。 すると、またキノコを見つけました。 名前は判りません。
20070604105514.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-14

 「う〇こ」ではありません。 これもキノコです。 見た目で判断してはいけないのですが、やっぱり想像してしまいますよネ。
20070604105530.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-14

 雑草なのですが名前が判りません。 ご存知の方がおられましたら教えてください。
20070604105552.jpg
撮影場所 航空写真 座標F-13



 今日は午後から京都御苑へ出かけました。お天気も良かったので、ゆっくり散策する事ができました。 ふと足元を見ると今年初めてのキノコ。 美味しそうでしょ? 食べて見たいのですが、毒も怖い。 色は食べられそうなんですけど?
20070602175715.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 失礼して抜いてみました。 やっぱり食べられそうでしょ? 
20070602175759.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-8

 良い色のサクランボがありました。(写真中央の黒っぽいやつ) 京都御所建礼門近くの牡丹桜です。 食べてみたら甘かった! 木によって当たりはずれがありますので、あしからず。 でも、キノコと違って毒はありませんので、安心して下さい。
20070602175846.jpg
撮影場所 航空写真 座標F-10

 桜の赤ちゃんです。 サクランボを食べた鳥が糞をして発芽したものです。 でも、この桜は育つ前に刈られてしまいます。 環境省の管理地なので、仕方がありません。 京都御所大宮・仙洞御所は宮内庁の管轄ですが、外側の京都御苑は環境省が管理しています。 でも、皇宮警察は京都御苑もパトロールしています。 ややこしい?
20070602175953.jpg
撮影場所 航空写真 座標F-12

 京都御苑の中の生垣の足元で見つけました。 万年草(まんねんぐさ)です。 小さいので普通に歩いていたら見落としてしまいます。 でも、虫は良く見ているようです。 蜂の仲間でしょうか?
20070602180125.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-15

京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。