京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日の京都地方は朝から夏!夏!夏! とても暑かったのですが、それでも京都御苑へ出かけました。 寺町通り沿いの門の外側でアベリアが咲いていました。
20070728202920.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-12

 アベリアの写真を撮っていると、突然の訪問者が! クロアゲハです。「でか!」 アベリアの甘い香りに誘われて来たのでしょう。
20070728202949.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-12

 間之町口を入ったところに小紫(こむらさき)が咲き始めました。
20070728203009.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 拾翠亭の百日紅(さるすべり)は満開のようです。 写真より、実物の方が迫力がありました。
 ここ以外にもあちらこちらで百日紅(さるすべり)が咲いています。 前回お伝えした京都御所建礼門前の百日紅(さるすべり)は、まだもうチョットと言う感じ、2部咲きぐらいでしょうか。 また、満開になったらお伝えします。
20070728203030.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-17

 九条池の家鴨(あひる)さん、暑いのに陸にいました。
20070728203152.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-17

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
スポンサーサイト


 梅雨明けが近い京都地方は本日も曇天。 非常に蒸し暑い気候で、1時間ほど散策しただけで、汗をかいてしまいました。 こんな時期に元気なのはやっぱりキノコだけかと思いながら歩いていると、なんと花が咲き始めているではないですか! 建礼門前の百日紅(さるすべり)です。 殆んど蕾ですが、この枝にだけ咲いていました。 来週以降が楽しみです。
20070722165623.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-10

 撮影する角度を変えて、バックに建礼門を入れてみました。
20070722165641.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-10

 サルノコシカケの仲間でしょうか? 色が綺麗で目立っていました。
9.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-7

 林の中に群生していました。
11.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-9

 絶対に食べないで下さい。 猛毒を持つテングタケだと思います。 あまりに立派だったので写真を撮ってしまいました。
13.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-9

 これ以外にも多くの変わったキノコがありました。 興味のある方は、下の続きを読むからどうぞ!

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
[「京都御苑の今」2007年7月21日 ]の続きを読む


蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)、禁門の変(きんもんのへん)

 尊皇攘夷論を掲げて京都での政局に関わっていた長州藩は、1863年(文久3)に会津藩と薩摩藩が協力したクーデターである八月十八日の政変で京都を追放されていた。
 藩主の毛利敬親と子の毛利定広は国許へ謹慎を命じられて政治主導権を失っており、京や大坂に密かに潜伏した数名の長州尊攘派はにわかに行動を続けていた。
 元治元年に入ると、天皇をふたたび長州陣営のものとするため、京都に乗り込もうとする積極策が長州で論じられた。(この時の積極的に上洛を説いたのが、来島又兵衛、久坂玄瑞。 反対、慎重派が桂小五郎と高杉晋作)6月5日の池田屋事件で新選組に藩士を殺された変報が長州にもたらされると、慎重派の周布政之助、高杉晋作や宍戸左馬之助らは藩論の沈静化に努めるが、福原越後や益田右衛門介、国司信濃の三家老などの積極派は、討薩賊会奸を掲げて挙兵し、益田、久坂玄瑞らは山崎天王山、宝山に、国司、来島又兵衛らは嵯峨天龍寺に、福原越後は伏見長州屋敷兵を集めて陣営を構える。
 朝廷内部では長州勢の駆逐を求める強硬派と宥和派が対立し、禁裏御守衛総督を勤める一橋慶喜(徳川慶喜)は退兵を呼びかけるが、京都蛤御門(京都市上京区)付近で長州藩兵が、会津・桑名・薩摩各藩の諸隊と衝突、尊皇攘夷を唱える長州勢は壊滅、来島又兵衛、久坂玄瑞、寺島忠三郎らが死亡した。 当時、京都守護職であった会津藩主・松平容保は薩摩藩と連携して、長州の尊攘急進派を弾圧する体制を整えていたのである。
 禁門の変において長州藩兵が御所へ向けて発砲したことなどを理由に幕府は長州藩を朝敵として、第一次長州征伐を行う。
 戦闘ののち、落ち延びる長州勢は長州藩屋敷に火を放ち逃走、会津勢も長州藩士の隠れているとされた中立売御門付近の家屋を攻撃した。 この二か所から上がった火で京都市街は「どんどん焼け」と呼ばれる大火に見舞われ、北は一条通から南は七条の東本願寺に至る広い範囲の街区や社寺が焼失した。ウィキペディアより
20070718170607.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-10

20070718170634.jpg


20070718170647.jpg


20070718170703.jpg


 蛤御門の変でつけられた弾痕です。 沢山ありますので、すぐ判ります。 一部にこれは「修学旅行生が悪戯でつけたもので、本物は梁の部分にある」と言う節もありますが、一時の悪戯でここまで深く掘れないのではないかと思います。
20070718170723.jpg


20070718170737.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!

京都御所 京都御苑散策記 トップページへ


 本日の京都地方は、台風4号も通り過ぎ、雨も止み、僅かですが陽がさすお天気となりました。 しかし、梅雨が明けたわけではないので、湿度は高めだったように思います。 こんな気候のときに元気なのは、やっぱり「キノコ」と言う事で、沢山のキノコの写真を撮る事ができました。
 近衛邸跡の池に近いところに柿の木があります。 台風の影響か、沢山の実が落ちていました。 まだ小さい上、青かったので、拾うのを止めました。 渋柿だと思いますが。
20070716135738.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-2

 花が螺旋状に咲くこの花、捩花(ねじばな)と言います。 そのものズバリのネーミングですね。 しかし、不思議な花です。 性格が曲がっているのかも?
20070716140048.jpg
撮影場所 航空写真 座標B-5

 写真中央に写っているのは「ショウリョウバッタ」です。 子供の頃、よく捕まえたものです。 今年はチョット早いかな? たしか8月以降だったように思うのですが?
20070716135556.jpg
撮影場所 航空写真 座標B-5

 赤くてかわいいキノコ、白雪姫に出てきそうなイメージです。
20070716135501.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-3

 沢山のキノコが、群生していました。
20070716135754.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-3

 他にも沢山のキノコの写真があります。 もし良ければ、「続きを読む」からどうぞ!

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
[「京都御苑の今」2007年7月15日 ]の続きを読む


 京都御所の東側に迎賓館があり、その東側に染殿井があります。 今は枯れているそうですが、京都御苑三名水のひとつに数えられています。

「染殿第」跡
 この付近一帯は、平安京当時の北東端(左京北辺四坊)にあたり、平安時代前期に臣下として最初の摂政に任じられ、その後の摂関政治の礎を築いた藤原良房の邸「染殿第」があった場所とされています。
 染殿第はまた、良房の娘・明子(文徳天皇の后で清和天皇の生母)の御所であり、清和天皇は譲位後ここに移られて「清和院」と称されました。(現在の「清和院御門」の名の由来となっています)
 ここにある井戸の遺構が「染殿井」と呼ばれているのも、かつての染殿第にちなんだものでしょう。案内板より
20070710233826.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-6

 梨木神社の境内に染井という井戸があり、京都三名水のひとつに数えられるそうです。 ペットボトルを持った人たちが行列を作っていました。 名前や距離から考えて、京都御苑の染殿井と梨木神社の染井はおそらく同じ水源なのかと推測できます。
20070710233849.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-7

 せっかく梨木神社へ行ったので、本殿へお参りしました。 そして振り返った時に見つけたのですが、能舞台の屋根に松の苗が育っていました。 マツボックリからこぼれた種が発芽したのでしょう。 大きくなったらどうなるの???
20070710233913.jpg
撮影場所 航空写真 座標J-7

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!

京都御所 京都御苑散策記 トップページへ


 7月7日は七夕だと言うのに、朝から曇りがち。 今年も叶わぬ恋路のようです。 7月7日が晴れていたような記憶がありません。 雨が降らないようにと願いながら、京都御苑に出掛けました。
 迎賓館の東側にコオロギの里があります。 ここは自然のままに放置されているゾーンと管理されているゾーンがあります。 管理されているゾーンで藪茗荷(やぶみょうが)が見ごろとなっています。
20070708163655.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-6

 藪茗荷(やぶみょうが)のアップです。 群生して咲いているので、結構見応えがあります。
20070708163713.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-6

 薮枯らし (やぶがらし)に蛇の目蝶がとまっていました。 シャッターチャンス!
20070708163730.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-5

 ホワイトアスパラを見つけたと思って近寄って見ると、何やら不思議な植物。 これって花??? 調べ方が悪いのか、何だか判りませんでした。 ご存知の方がおられましたら、教えてください。 宜しく御願い致します。
20070708163744.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-4

 ついでにキノコ! まんまるキノコ!
20070708163800.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-9



京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!


 拾翠亭は五摂家のひとつであった九条家の現存する唯一の建物で、江戸後期に建てられたものと伝えられています。
 建物は全体が数寄屋風書院造りで、当時は主に茶会のための離れとして使用され、内部には今も十畳と三畳のふたつの茶室が残されています。
 亭の前面には東山を借景に取り入れた勾玉形(まがたまがた)の池が広がり、茶室からの景観を一層引き立たせています。

〇一般参観案内
・参観日  毎週金・土曜日(ただし12月29日から2月末日までを除く)
       葵祭、時代祭、京都御所一般公開日
・参観時間 9:30~15:30
〇利用案内 茶会や句会などへの貸し出しを行っています
京都御苑のご案内より
20070704175729.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 高級な料亭のような門構えです。
20070704180003.jpg


 玄関は門と比べると何とそっけない。
20070704175809.jpg


 広間です。
20070704175832.jpg


 広縁のコーナーのところに手水鉢、紫陽花の花が浮かべてあり、季節を感じさせてくれる演出でした。
20070704175856.jpg


 階段があります。 非常に急な階段で、手すりを持たないと危険です。 昔は何処もそうだったんですよね。 私が生まれ育った家も急な階段で、よく落ちたことを覚えています。 一番上の段で足を滑らせ、下までお尻でダダダダダー、痛かった。
 今日は落ちないように、手すりをしっかり持って2階へ。
20070704175714.jpg


 涼しい! 非常に風通しが良いようで、心地よい風が入ってきました。 ここで昼寝でもしたら、すごく贅沢かな?
  20070704175643.jpg


 庭から見た全景です。 紅葉の季節にも来るべきかと思います。
20070704175922.jpg


 東屋があります。
20070704175941.jpg


 九条池を隔てて、厳島神社を望めます。
20070704175748.jpg


 京都御苑へこられた時は、是非「拾翠亭」にお立ち寄り下さい。見る価値あり! 

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

★京都のおみやげ(まち楽)★



京都御所 京都御苑散策記 トップページへ



2007.6.2の今 (キノコ サクランボ 桜 万年草)


2007.6.3の今 (キノコ)


2007.6.9の今 (泰山木 母子草 クロシジミ 水蝋の木 キノコ)


2007.6.16の今(前) (キノコ)


2007.6.16の今(後) (キノコ 猫)


2007.6.23の今(その1) (姫女苑 紫陽花 松)


2007.6.23の今(その2) (キノコ)


2007.6.23の今(その3) (キノコ)


2007.6.30の今(前編) (紫陽花 梔子 アオメアブ ザリガニ 亀の卵 檜扇水仙)


2007.6.30の今(後編) (キノコ)



雷が落ちたのでしょうか?


2007.5.3の今 (オキザリス タビラコ)

  
2007.5.4の今 (鴨 亀 苺)

  
2007.5.5の今 (アオスジアゲハ 春紫苑 庭石菖 踊子草 楓)

  
2007.5.12の今 (蜜蜂 白詰草 黄金虫 春紫苑 酸葉 大葉子)

  
2007.5.19の今 (黄菖蒲 サクランボ エゴノキ 桃の実 扉)

  
2007.5.27の今 (箱根空木 クマ蜂 昼顔)



ピンクの椿 (椿)


花海棠 (花海棠)


2007.4.14の今 (桜 著莪 山吹 紫鷺苔 金鳳花)


2007.4.21の今 (さくらんぼ 山吹 桜 梅の実 大犬のフグリ 蓮華草 ムクドリ)


2007.4.28の今 (桜 白詰草 蒲公英 金鳳花 春紫苑 灯台躑躅)


2007.4.30の今 (皐月 躑躅 夏蜜柑 梅の実 蒲公英)



桜が咲いています (桜 桃 木蓮)


2007.3.25の今 (桜 木蓮 雪柳 蒲公英)


舞妓はん? (桜)


 京都御苑散策に疲れて、お腹がすいたら、ここでご飯を食べましょう。 京都御所の西側に位置する中立売休憩所です。 烏丸通りに面して中立売門があります。 この門は、有料駐車場の入口を兼ねていますので、すぐわかります。 この門を挟んで中立売北休憩所中立売南休憩所があります。 北は食堂とお土産売り場、南は喫茶とお土産売り場となっています。 しかし、京都なのに何故さぬきうどんなのでしょう??? 
駐車場の詳細は下の方にあります。
20070702123353.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-6,7

 さぬきうどんを食べに、中へ入りました。 冬場は暖かそうです。 以前は食券を自販機で買うセルフサービスだったのですが、システムが変わったようで、店員さんがお茶を運んで来てくれました。
20070702123411.jpg


 おしながきです。 観光地にしては安い! 種類は少ないのですが、値段は納得!
20070702123437.jpg


 きつねうどんを頼みました。 見た目は普通で、おあげやだしの味も普通でした。 麺は確かにこしがあり、納得。 本場の讃岐うどんほどのこしではないのですが、私にはストライクでした。
20070702123453.jpg


 駐車場の料金所と南休憩所です。 
20070702123511.jpg


中立売西駐車場 (烏丸通 中立売門より入場) 上の写真
  ・普通車250台、大型車20台  ・利用時間 7:40~19:30(24時間出庫可)

清和院東駐車場 (寺町通側)
  ・普通車80台  ・利用時間 8:40~20:00(20:00閉鎖)

利用料金 (整理清掃等協力費)
  普通車 3時間まで500円、以後1時間毎100円
  大型車 3時間まで1300円、以後1時間毎200円
(平成19年12月現在)

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』 【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
最大17社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』【無料】 【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』




京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

   

京都御所 京都御苑散策記 トップページへ



 今回もキノコ特集です。 名前が判らないキノコが殆んどですが、あえて突っ込んで調べないようにしています。 キノコは好きなので、よくスーパーなどで買いますが、野生には、よく似たキノコがいっぱいあるので、素人がヘタに知ったかぶりで、間違って毒キノコを持って返って食べたら大変です。 触らぬ神に祟り無し!
 閑院宮邸跡の中庭で見つけました。
20070630213948.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-17

 以下は拾翠亭の庭で見つけました。
20070630214023.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-18

 拾翠亭の玄関先で見つけました。 椎茸によく似ているのですが、フクロツルタケと言って、食べたら間違いなく死ぬと言うほどの猛毒があるそうです。 拾翠亭の管理人さんが教えて下さいました。
20070630214049.jpg


 毒?
20070630214125.jpg


 毒?
20070630214150.jpg


 サルノコシカケ?
20070630214228.jpg


 毒?
20070630214253.jpg

京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。