京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日は紅葉を見に京都御苑へ出かけました。 ところがどうでしょう。 最近の京都地方は朝夕の冷え込みも無く、大変過ごし易い日々が続いているせいか、夏場から全く変わらないが殆んどでした。
20071030120248.jpg
撮影場所 航空写真 座標E-14

 よく色付いてるものでこれくらいです。 一度冷え込むと早いのですが・・・。 今年はラニーニャのせいか、地球温暖化のせいか、どちらにしても、もう少し待たなければ。
20071030120312.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-14

 は紅葉が始まっていました。 の紅葉は今が見ごろです。 は花もそうですが、紅葉も終わるのが早いので急いでください。
20071030120326.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-13

 つい最近まで咲いていた百日紅です。 これも落葉が近そうです。 冬場に種を採取し、鹿沼土か赤玉土に蒔けば春には発芽し、運がよければ1年目から花を咲かせてくれますよ。
20071030120339.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-15

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
スポンサーサイト


 2007年10月22日 快晴の空の下で、時代祭が執り行われました。 私は午前10時30分頃に京都御苑に到着。 京都市内の各地から時代衣装をまとった武将や姫が集まりだしていました。 行列の先頭が京都御所建礼門前を出発するのが正午なので、それまでの間はフリーです。 お弁当を食べたり、記念撮影をしたり、各自好きなように過ごします。 今回はそんな自由な時間を取材しました。

 珍しい馬を見つけました。額の模様がひし形になっています。
20071023165347.jpg

 ひときわ大きな馬、話を聞いてみると北海道のばんえい競馬に出てくるのと同じ馬であるとのこと。 力が強いので、2人で誘導するそうです。
20071023165329.jpg

 変わった模様です。まるで三毛猫のようです。 三毛馬?
20071023165408.jpg

 出発前の奴さんの練習風景です。
yakkosan.jpg

 可愛い大原女さんに会いました。
oharame.jpg

 中央が皇女和宮です。 来年のNHK大河ドラマ「篤姫」が楽しみです。 ドラマでは堀北真希ちゃんが演じるそうです。
20071023165251.jpg

20071023165233.jpg

 時代は幕末だと思います。
20071023164844.jpg

 出雲阿国
20071023165111.jpg

 家族でしょうか? 記念撮影をされているところを横から失礼しました。
20071023165053.jpg

 流鏑馬(やぶさめ)の衣装です。
20071023164825.jpg

 出発前の腹ごしらえ。
20071023164947.jpg

20071023164921.jpg

 牛車を牽く牛がいました。 何故か前足にだけわらじを履かせています。 気になったので調べて見たところ、昔は珍しくなかったようで、蹄を守り、しかも滑り止めにもなったそうです。 わらじを履かせる理由は判りましたが、何故前足だけなのかは不明のままです。 後ろ足は蹄鉄だったのでしょうか? 参考サイト
usi.jpg

 早くもお疲れの様子、本番はこれからですよ! 頑張ってください!
hirune.jpg

 写真中央の後列は甲冑姿の巴御前です。 彼女はこれから馬にまたがって洛中へと出て行きます。
 巴御前:平安時代末期の女武将、木曾義仲(源義仲)の愛妾(あいしょう(めかけ))とされ、治承・寿永の乱(源平合戦)にも出陣している。
20071023165149.jpg

 平安時代の姫のようです。 姫の周りには多くの人だかりができていて、撮影するのも大変でした。 写真左は清少納言です。
20071023165128.jpg

20071023165014.jpg

 立派な武将に会いました。名前を聞いてみると「征夷大将軍 坂上田村麻呂」さんだそうです。 平安時代の武官で、文の菅原道真、武の坂上田村麻呂を言われたほどの人でした。
20071023164903.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

★京都のおみやげ(まち楽)★



京都御所 京都御苑散策記 トップページへ


 朝晩めっきり涼しくなりました。 京都御苑に出かけたのですが、変わった事は何も無く、京都御所猿ケ辻を東に向かって歩いていました。 すると、何やら花が咲いていました。 近寄ってみると、金木犀(きんもくせい)でした。
20071016175908.jpg


20071016175921.jpg


20071016175934.jpg
撮影場所 航空写真 座標I-3

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!


 京都御苑の西、下立売御門を出たところに、聖アグネス教会があります。 この教会は1898年(明治31年)に平安女学院の礼拝堂として建てられました。 設計はジェームズ・マクドナルド・ガーディナー、今では珍しいレンガ造りの建物で、京都市指定有形文化財に指定されています。
 この教会の前を通ると、しばしば結婚式を終えたばかりの新郎新婦が出てくるところに出くわします。最近見たのは10月13日(土)午後2時過ぎ頃のことでした。
 運が良ければ見ることができるかも!
*下立売御門の位置 航空写真 座標A-15
IMGP0496.jpg


IMGP1238.jpg


IMGP0276.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!

京都御所 京都御苑散策記 トップページへ


 時代祭は、明治28年に始まったそうです。 現在の行列参加者は約2000人 行列の長さ約2キロメートル 各時代の衣装をつけた行列が毎年10月22日正午に、京都御所建礼門前を出発し、平安神宮へと向かいます。 道のりは約4.5キロメートルなので、先頭が平安神宮に入っても、最後尾はまだ道半ばで、非常に長いイメージがあり、見応えがあります。 同じ地点で行列の最初から最後まで観るとすると、1時間以上かかる計算になります。

・明治維新時代 維新勤王隊列 ⇒ ・江戸時代 徳川城使上洛列 ⇒ 江戸時代婦人列 ⇒ ・安土桃山時代 豊公参朝列 ⇒ 織田公上洛列 ⇒ ・室町時代 室町幕府執政列 ⇒ 室町洛中風俗列 ⇒ ・吉野時代 楠公上洛列 ⇒ 中世婦人列 ⇒ ・鎌倉時代 城南流鏑馬(やぶさめ)列 ⇒ ・藤原時代 藤原公卿参朝列 ⇒ 平安時代婦人列 ⇒ ・延暦時代 延暦武官行進列 ⇒ 延暦文官参朝列 ⇒ 神饌講社列 ⇒ 前列 ⇒ 神幸列 ⇒ 弓箭組列

 以前に縁あって時代祭の行列に参加したことがあります。 吉野時代の楠公上洛列です。 甲冑姿で建礼門前を出発し、有料観覧席を両手に見ながら九条池の方向へ、堺町御門から市内へ出て行きました。 その時逆の立場で考えたのは、何処が観やすいのか? 市内のどの地点が人が少なくしっかり観られるのか? 京都御苑、御池通り、平安神宮の有料観覧席は、椅子がありゆっくりできると思いますが、料金2000円と予約が必要です。 あくまでも私の主観ですが、烏丸丸太町(京都御苑の南西角)から烏丸御池の間は、他と比べて人が少なかったような気がします。(特に烏丸二条付近) おすすめポイントです。

時代祭リンク

有料観覧席予約

京都御苑

平安神宮

平安神宮とは(平安神宮HPより)

 平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。
 当時、京都の衰退ぶりは目を覆うものがありました。幕末の戦乱で市街地は荒廃し、明治維新によって事実上首都が東京へ遷ったことは人々の心に大きな打撃を与えました。
 その状況下で京都を救ったのは、京都復興への市民の「情熱」と全国の人々の京都に対する「思い入れ」でした。数々の復興事業を展開し、教育、文化、産業、生活などすべての面において新しい京都が模索され、同時に古き良き京都の維持継承に力が注がれたのです。
 これらの熱意と一連の町おこし事業が見事に結実して、平安神宮が創建されました。
 千年以上も栄え続けた雅やかな京都を後世に伝えるために、京都復興にかけた多くの人々の遺志を後世に伝えるために、四海平安の祈りを込めて創建されたのです。
 その後、皇紀2600年にあたる昭和15年には、市民の懇意によって平安京有終の天皇、第121代孝明天皇のご神霊が合わせ祀られ、「日本文化のふるさと京都」のおや神様として広く崇敬を集めることとなりました。

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

★京都のおみやげ(まち楽)★



京都御所 京都御苑散策記 トップページへ


 やっと秋らしくなってきた京都御苑です。 天気は曇りでしたが、秋の草花が嬉しそうに笑っていました。
 下の写真は京都御所の東側の芝生の中に咲いていた盗人萩(ぬすびとはぎ)です。 これって子供の頃によく遊んだ「ひっつき虫」です。 ナイロン袋いっぱい採った覚えがあります。 皆さんはどうですか?
20071001134549.jpg
撮影場所 航空写真 座標G-7

 露草(つゆくさ)も元気に笑っていました。
20071001134605.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-14

 かわいいキノコ、「1パック98円」。 スーパーでよく見るような形のまま生えていました。 食欲の秋ですが、食べられるかどうかは判りません。
20071001134617.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-14

 彼岸花です。 今、京都御苑の何処へ行っても会う事ができますよ! 今日は下から撮ってみました。
  20071001134630.jpg
撮影場所 航空写真 座標A-14

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。