京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





 今日の京都は朝から良い天気で、最高の祭り日和となりました。 有料観覧席の方は人が多いので、京都御所宜秋門や清所門の方へ行きました。 此処は集合する場所なので、行列が止まっていて撮影はしやすかったです。 清所門の中では何やら打ち合わせでしょうか?

IMGP0835.jpg



 清所門から馬が出てきました。

IMGP0840.jpg



 子供もかわいかったのですが、後ろの空色の着物を着た人が美人だったので、思わずシャッターを切ってしまいました。 お母さんでしょうか?

IMGP0845.jpg



 宜秋門から馬が出てきました。

IMGP0861.jpg



 ここから後ろは女性の行列となります。 今日は暑かったので汗をかいて化粧がくずれるようなことが無いのでしょうか? 大きなお世話かな?

IMGP0867.jpg



IMGP0879.jpg



IMGP0882.jpg



IMGP0886.jpg



 勇ましいですね!

IMGP0891.jpg



 斎王(さいおう、いつきのみこ)は、伊勢神宮または賀茂神社に巫女として奉仕した未婚の内親王または女王。 厳密には内親王なら「斎内親王」、女王の場合は「斎王」「斎女王」と称したが、一般に両者をまとめて斎王と呼ぶ。 伊勢神宮の斎王を斎宮、賀茂神社の斎王を斎院とも称し、斎宮は古代(天武朝)から南北朝時代まで、斎院は平安時代から鎌倉時代まで継続した。



 賀茂神社では伝統行事として葵祭を行い、斎王が奉仕していた時代は斎王が祭を主宰してきた。 その後も葵祭は継続されたが室町、江戸、戦後と三度祭が断絶したという。 その後、1953年に祭が復活したことを契機として、1956年の葵祭以降、祭の主役として一般市民から選ばれた未婚の女性を斎王代として祭を開催するようになった。

 唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)を着用、舞台化粧と同様の化粧をし、お歯黒も付ける。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
IMGP0903.jpg



 行列の中では、やっぱり一番綺麗でした。

IMGP0897.jpg



IMGP0833.jpg




京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?


京都観光のおみやげは、こちらから!



京都御所 京都御苑散策記 トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きれい~
葵祭り、良いお天気でしたね。
私は下鴨神社周辺で人込みの中を
格闘して参りました。
2007/05/16(水) 12:42 | URL | 玉鬘(たまかずら) #ryOmyoXs[ 編集]
仕事で見にいけなかったですが、
このブログで楽しませていただきました♪
2007/05/19(土) 07:13 | URL | 京都ふらり #W3FWQxe2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://52473232.blog97.fc2.com/tb.php/33-61525579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。