京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大宮御所の正門です。 天皇陛下が京都に来られた時は、この大宮御所に宿泊されるそうです。 京都御所の方じゃないの?と思われる方もおられるでしょうが、京都御所は何故か電気が来ていないそうです。 皇宮警察のお巡りさんに教えてもらいました。
20070522160527.jpg
撮影場所 航空写真 座標F-11

 少し離れると大文字山が見えます。 毎年8月16日の夜8時に大文字送り火が実施され、大の字が夜空に燃え上がります。

☆所在地: 京都市左京区浄土寺七廻り町(じょうどじ ななまわりちょう)
☆山 名: 大文字山(如意ヶ岳または如意ヶ嶽=にょいがたけ)
☆火 床: 75ヶ所
☆大きさ: 一画80m(45間・19床)、二画160m(88間・29床)、三画120m(68間・27床)

 山の名前について:もともとは一帯の山塊を「如意ヶ岳」と呼んでいたが、現在は大文字がある西側の前峰(466m)を「大文字山」と呼び、最高点である主峰(474m)を「如意ヶ岳」と呼ぶ。  特に「左大文字」と区別するときは「右大文字」・「右の大文字」ともいう。
 五山の中では、一般の人間が原則として自由に登れる唯一の山である。登り口は、送り火の時にも使われる銀閣寺の北側からのものが主ルート。
 送り火が中止されていた第二次世界大戦中、代わりに早朝に白いシャツを着た市民(地元の第三錦林小学校の児童ら)が山に登り、人文字で「大」を描いた。(ウィキペディアより抜粋)
20070522160456.jpg
撮影場所 航空写真 座標D-11

京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!
京都御所 京都御苑散策記 トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
若い頃よく大文字山のぼりましたよ。天王町の方から登ると、如意ヶ岳の頂上に出てから、大の字の方へおりるんです。確か如意ヶ岳の頂上には三角点があったと思います。
2007/05/26(土) 18:11 | URL | 京都ふらり #W3FWQxe2[ 編集]
こんばんわ
御所からもこんなに綺麗に大文字が見えるんですね。
驚きです。^^。
にしても御所に電気が通ってないとは・・
何かゆえんがあるんでしょうかね。こちらも驚きでした。
2007/05/26(土) 22:55 | URL | 玉鬘(たまかずら) #ryOmyoXs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://52473232.blog97.fc2.com/tb.php/35-e769f097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。