京都御所、京都御苑の見どころや魅力を紹介しています。   京都御苑への入苑は無料です。
駐車場有(有料) 駐車場の詳細はこちら

 一般公開の詳細はこちら
京都御所、京都御苑の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。 京都観光や京都散策の参考にして下さい。
京都御所、京都御苑を京都観光や京都散策のルートに含めてみては如何でしょう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 京都御苑の敷地の南西に、宗像神社があります。

 京都御苑内 鎮座
宗像大神は、古事記、日本書紀にも記す通り、遠く日本建国にあたり、天孫降臨に先立って、御親天照大御神より「汝三神の神は、宜しく道中に降りまして、天孫を助け奉りて、天孫の為に祭かれよ」と御神勅をいただいて、九州の福岡の宗像の地に鎮まり給うたのであります。
 京都御所宗像神社は、延暦14年(平安京創立の翌年)、後の太政大臣藤原冬嗣公が桓武天皇の命によって、皇居鎮護の神として祀られたのが始めです。

 歴史上の記録
 帝王編年記、三代実録の古文書の中に当社を小一条殿と称され、清和源氏の祖、清和天皇御降誕の地と記されています。
 枕草子、花山院家記には、花山天皇の御代、内裏を一時当社に移され、花山院殿と称されたことがあると記されています。
 このように、皇室との関係も深く、千二百年皇居守護の神として、御歴代の御尊崇厚く宮中より官幣、神饌の御共進もあり、公卿公達の参拝も多く賜った神社です。

 樹木
  境内北の楠は、樹齢六百年、南の楠は樹齢四百年とも推定され、京都の中では最も高齢の大樹ともされる老樹です。
 拝殿南の老桜は、紫宸殿南庭左近の桜を拝領したものであり、その他栴壇(せんだん)、美肉桂(ニッキの木)、花梨(かりん)など付近にみられぬ珍しい樹木が多数あります。
 また、アオバズクが楠の木に営巣していることでも有名で、バード・ウオッチャーの目を楽しませています。

                                  京都御苑内鎮座 宗像神社より
IMGP0411.jpg
撮影場所 航空写真 座標C-17

IMGP0410.jpg


 宗像神社の鳥居をくぐると、京都観光神社があります。 なにそれ?
 この神社の建立は新しく昭和44年。 急増する京都への観光客の無事息災を願い、また観光業界の発展を祈念し、道案内の神 猿田彦大神を祀っている。(石碑より)
 でも、何故ここにあるのでしょう?
IMGP0413.jpg


 本殿です。 行事の日以外は、あまり人がいないので、ゆっくりお参りできます。
IMGP0396.jpg


IMGP0402.jpg


京都御所京都御苑京都観光のヒントになりましたでしょうか?

京都観光のおみやげは、こちらから!

京都御所 京都御苑 京都観光散策記 トップページへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://52473232.blog97.fc2.com/tb.php/48-1e68052e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
京都観光旅行の参考になればと思い、京都御苑、京都御所の史跡 自然、植物 虫 野鳥などを紹介しています。撮影場所は航空写真で確認できますので、今、京都御苑の何が見ごろなのか、それは何処へ行けば見る事ができるのかを確認していただけます。近衛邸跡のしだれ桜や拾翠亭の百日紅は見応えがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。